ミーナのおひとりさま美容日記

ゆるゆるとした美容日記です。

いよいよ本気出してシミと肝斑と向き合うことにした〜ルビーレーザー編〜

顔のシミをどうにかなくしたい時は、レーザー治療とホワイトニング、両方する事が近道です。濃いシミに関してはレーザーで薄くし、ホワイトニングを同時に、でもよい。レーザー治療は全く怖くありません。

と、濱田マサルさんの「読む 美容辞典」に書いてある一説を信じ、ついに気になるシミをレーザーで焼き切ることを決意。

「読む」美容事典

「読む」美容事典

  • 作者:濱田 マサル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
実は元々、レーザーを打っていました

数年前:全体的に薄いソバカスが気になり、フォトシルクプラス系の弱いレーザー系を打ち始めてました。(年数回ほど)でも、出力の弱いレーザーって、濃い目のシミには全然効かないんですよね。ダウンタイムもほぼ無いから、施術後もその場でお化粧できる訳だし時間ないときはいいかもって思えるんですけど、その分効果も感じられなくて。全体的な透明感を底上げしたいならやるのも良いかも。ただ間違った出力で打たれると逆効果で火傷するデメリットもあるし、全体的な透明感や色ムラを消すだけなら、レーザートーニングを月1ぺースで続ける方が良いのかなと思ったりしてました。

内服のサプリ/美白アイテムを使うことで「濃いシミ」が目立ってきた

インナーケアを強化しながら美白に効くと謳われてる美容液を使いはじめたら、エステいかなくても透明感はグッと底上げされたし、色白にはなれました。ただ、それゆえに「濃いシミ」がぽつぽつっと顔上にあることが逆に目立ってきてしまったのです。コンプレックスをなくそうとした結果、新たな悩みが生まれるという...

ルビーレーザーで、ピンポイントに濃いシミめがけて打つことにした

いろいろ調べていくうちに、気になるシミに狙い撃ちするなら「ルビーレーザー」がいいと知りました。

Qスイッチルビーレーザーは、青・黒・茶色によく吸収される性質があります。表皮・真皮の両方のしみやそばかすに高い効果が期待でき、ほとんどのしみやアザを効果的に治療することができます。

皮膚の表面に照射されたレーザーは、表皮を通過して皮膚内部のシミ・アザの原因となっているメラニン色素に当たると熱を出してこれを破壊します。Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素のみに反応しますので、正常な皮膚へのダメージを最小限に抑えた治療が可能です。

http://www.elm-clinic.jp/treatment/qswitchlaser.html

メラニンにだけ反応してくれる賢いレーザーなんですね。ただ、美容皮膚科だと、1個や何mmで何万円ってところが多い印象。1個だけor初回なら美容皮膚科でとるべきですが、今回は数を打つ!と決めていたため地元の皮膚科(美容皮膚科ではない)で打ちました。10個・カウンセリング料込みで15,000円ちょっと。保険きかないのにかなりお安くできます。

ざっくりと施術の流れ

初回のカウンセリング時に、肝斑じゃない部位に打って欲しいことを伝えました。(肝斑にルビーレーザー打ってしまうと逆に悪化するらしい)10個まで同じ料金だったので、一気に10個とることを決意。予約日時に来院し、施術部位にマーキング→レーザー→処置で終わりです。

普通の皮膚科だからこそ、「いろいろ雑」(デメリット)

値段に反するので致し方ないですが、安さゆえに「対応は雑(個室ではなく、いろんな患者さんがいるところで仕切られた中でやるためプライバシーがゼロ。笑、レーザー後の傷テープのの貼り方が雑だったり軟膏などが出ない)」です。安さ優先なので、諸々は目を瞑ります。丁寧かつアフターケアも安心したいという場合は多少高くても美容皮膚科の方が安心かもしれません。

ルビーレーザーは、火力が強いからダウンタイムも長め

ルビーレーザーでシミを焼き切った部分は、かさぶたになるまで待たなければいけません。これが結構時間がかかる(最低でも、7日間は見ておいた方がいいです)しかもその間はその部位はお化粧ができない(!)黒いかさぶたを保護するためのガーゼと肌色テープを貼り続けないといけません。私は顔中の10個のシミを一気に焼いたので、かなり目立ちました。涙(ダウンタイム取りにくい人は、目立たないところから徐々に攻めていくのが良さそう)年末にやって、年明けの仕事復帰までギリギリかなというレベルでした。

痛みはパチッとはじけるぐらい、1時間ぐらいで痛みはおさまる

どんなに痛みに弱い人でも耐えられるレベルの痛みだとは思います。肌の弱い人だと1時間ぐらいは焼いた部分がヒリヒリするかも。時間とともに鎮火します。

絶対に真似しないほうがいいけど、「外に出たい」人にオススメしたいもの

1週間後に経過をみせるまでは、処置してもらったガーゼ+肌色テープで過ごさねばなりません。(濡れたら、ガーゼを張り替える)10個も一気に取っちゃったから、毎度の張り替えが大変な上に、見た目も酷い。「顔、大丈夫?怪我したの?」って効かれてしまう感じ。さすがに3日間はおとなしくしていたんですが、やっぱり家も出ないといけない日は来てしまうので、強行突破でこれを購入しました。

(※注意!今回のやり方ですが、かさぶたが取れてしまう可能性があるので、施術直後はあまりお勧めはできせん。実際にかさぶた取れました。。そして色素沈着が起こります。。が、どうしてもお化粧したいという方向けのやり方のひとつとして載せておきます。基本的には担当医師の指示に従うのがいちばん良いです)

エアウォールは肌に貼れる透明な保護テープ。紫外線A・B波を平均約97%カットし、メラニンの生成・色素沈着を抑え傷跡を残りにくくしてくれるというもの。買って使ってみて思ったのですが、「どちらかというと、かさぶたがとれた後のケアとして使うのが良さそう。」(かさぶたの状態で貼った後にはがすと、かさぶたが取れる可能性大。なので自己責任でお願いします。)私はガーゼと肌色テープで、外に出られないぐらいの数をとってしまったための強行突破。4日目で徐々にかさぶたになりつつあるタイミングから、こちらを使いはじめました。

慣れるまではコツがいる

エアオォールは透明保護テープなのですが、貼るのに若干コツが必要と感じました。凹凸がある部位よりも(口周りとか)滑らかな部位のほうが目立たなく貼れて綺麗になる。ちなみに、このテープの上からお化粧できますが、上手く塗れないとヨレるし不自然にはなるので、これも練習が必要そう。

 

インカメで汚くて恐縮ですが、打った後にかさぶたになりかけている肌にエアウォールを貼り、洗顔した後に撮ったものです。水に濡れると、テープの周りが剥がれかけてきてしまうのですが、しっかり指で押せば少し直ります。遠くから見れば全然わからない。

f:id:gonegirl29:20200102144438j:plain

これ貼って上からコンシーラーで隠せば、遠くからは誤魔化せます。ちなみにコンシーラーはザ セムの1.5。

ルビーレーザーの経過について

まだ取ったばかりなので、どれぐらいシミが薄くなるかはわかりません。焼く前よりは薄くなっていると信じたい。大事なのは、焼いた後(かさぶたがとれてから)のケアなはずなので、日々怠らずに再発しないように予防とケアを頑張ります。 

術後1ヶ月ぐらいは飲む日焼け止めもお守り的に飲む

外出多めの日は、ヘリオケアの飲む日焼け止めもかかさず飲んでいます。ルビーレーザーの最適な時期は11月〜2月ぐらいまでらしいのですが、紫外線って年中降り注いでいるから予防も込めて。出かける20分前に飲んでおけば気持ち的には安心。

ヘリオケア ウルトラD 夏本番!猛暑の紫外線にご注意!部屋でも!飲むケア~飲む対策~ 2個セット【ホンマでっかTV】【正規輸入品】【送料無料】【肝斑対策】

価格:8,979円
(2020/1/2 14:53時点)
感想(168件)

内服編とまとめてみて思うことは、やっぱりシミができる前のケアの重要性。できてから対応するっていうのは非効率的すぎる。しかし肌は一生モノなので、コンプレックスと向き合いつつ、綺麗な肌を目指して長い目でみてやっていきます。