ミーナのおひとりさま美容日記

ゆるゆるとした美容日記です。

ランコムのレネルジークリームが地味にすごい件。

スキンケアの仕上げに使うクリームの持つ役割って、様々ですよね。「乾燥を防いで、保湿したい」「ハリを出したい」「キメを整えたい」安くても良いものもあるし、高さと反比例して効果がすごいものもあるし。何を解消したいかによって、選ぶクリームも変わってくるのかなと思っています。

 

私のクリームを選ぶ基準は「保湿力が優れているか」もしくは「アンチエイジングの効果があるか」の二択。できれば毎日のスキンケアの中で「エイジングケアできるもの」を取り入れて老化をゆるやかにしていきたい。 

今回はランコムのレネルジー M FS クリームがアンチエイジングに対して効果があると思ったので、ご紹介させてください。

ランコム レネルジー M FS クリームを始めたきっかけ

2019年に購入した限定キットの中にサンプルが入っていたのがきっかけ。元々使っていたクリームが無くなったので、試しに使ってみようと思いました。サンプルといっても、15mlも入っているので、夜のみ使用だと2週間以上はお試しできるというかなりお得なサンプルでした。 

f:id:gonegirl29:20200112123321j:plain

コンセプトが壮大ですごい

レネルジー M FS クリームのコンセプトは、「宇宙で育つ植物の恵み。
ハリ、弾力、そして透明感へ。」宇宙で育つ植物の恵みとは...?と一瞬頭が混乱したのですが、調べてみたところ「1971年宇宙ステーションの実験施設でそだてられた植物のひとつであるLinum usitatissimumと同じ種の植物から抽出」された同じ種類の植物から抽出された成分が入っているみたいです。何が言いたいのかと言うと、宇宙のような無重力空間でも美しく育つ植物に着目することで、エイジングを抑制できますよってメッセージらしい。(壮大すぎますね。。笑)

実際に塗ってみた感じはどうか

このクリーム、佇まいもテクスチャーも本当に控えめ。まず、クリームなのに「さらっさら」している。ベタベタしていないし、乳液かなと思うぐらいの軽いテクスチャー。最初の2〜3日はこんな軽いテクスチャーだと乾燥してしまうのでは、と不安に思ったほど。しかし、1週間、2週間と続けていくうちにわかる良さが少しずつ見えてきました。なるほど、これは即効性は感じられないけどゆるやかに効いてるかも?と思える系のクリーム...!ちなみに香りは独特で好き嫌いがわかれそうなので、サンプルをもらって試されることをオススメします。私の使い方としては、まず夜のみ使用。スキンケアの仕上げクリームとして使い続けました。軽めのテクスチャーなので、薄く塗ってもう一度塗って二重に蓋をするイメージで使いました。

効果はあったのか

これがすごく不思議なんですが、あんなに軽いテクスチャーですぐ吸収されていってしまったのに翌日の肌が柔らかくハリを実感できます。軽いテクスチャーで馴染みがいいからこそ、「吸収力が高い」のだろうか...?油膜を張ってる感じはゼロのため、冬場のスキンケアとしては物足りないかも?とさえ感じてしまうのですが、実際は中で潤ってアプローチしてくれているのかもしれない。コンセプトの「無重力空間で美しく咲き続ける花」のように、肌を底上げしてくれるというのは確かに一説あるかもと妙に納得しちゃいました。私はまだ、ほうれい線がものすごく気になるという感じでもないのですが、このクリームを使っているときは自然に内側からパンと肌が弾力を持っているような感覚を覚えることがありました。ただし、自然な感じで劇的にうわぁ...リフトアップしてる!という感じでもないので、良くも悪くも変化が地味です。(失礼)

 

まだ確証が持てない部分があるものの、50mlで1万2〜3円ならば一冬越せるので、30代アラサーのスキンケアクリームとしては適任なコスパかなと個人的には思っています。「3万円ぐらいする高いクリームは使いたくないけど、それなりに効果を出したい」って思ってる人にはすごくいいクリームな気がしています。かつ、軽めのテクスチャーでベタベタしないのが好きという方にはぴったりかも。

クリームの持つ力は侮れない

サンプルが入ってなかったら自分では使おうとしなかったかもしれないけど、こういう出会いって面白いなと感じました。クリームによって効果は様々なので、引き続き、肌の状態に合わせて使い分けていきたいなーと思います。