ミーナのおひとりさま美容日記

ゆるゆるとした美容日記です。

アンプリチュードのアイシャドウの威力。

前々からずっと気になっていたアンプリチュードのアイシャドウ。ファンデーションが神がかっているで全信頼を寄せていたのですが、お値段が高いのでいつも買うのを後回しにしていました。だって、7000円...!

www.amplitude-beauty.com

 

もともとアイシャドウにお金をかけないタイプでしたが、最初に言っておきます。デパコスのアイシャドウ、ぴったりハマると沼になる、説...!(アンプリ沼に引きずり込まれました)

f:id:gonegirl29:20200613215008p:plain

なぜ良いのか?を冷静に考えながら、レポしていきたいと思います。

ブルベ夏なら迷わず、コンスピキュアス アイズ02のピンクベージュを。

今回はお店でタッチアップはせず、オンラインで購入したため、念入りに事前調査を行いました。その上でブルベ夏には02のピンクベージュが合うということがわかったので購入。7000円するアイシャドウをタッチアップせずに購入したのは、我ながらすごい決断だったなと思います。汗

f:id:gonegirl29:20200613215559p:plain

 写真から伝わってくる、高貴な雰囲気。これを手にとるだけで、30代の大人の女性なんだ...!という自覚が生まれる気がする。(私は何を語っているのだろうか。)

 

3ステップのシンプルな塗り方なので、意外と簡単。扱いやすいです

使い始めて思った一番のよさは「シンプルで使いやすい」こと。3ステップで終わるので、グラデーションのバランスを考えたり、締め色をどうしよう?みたいなことを考える手間が少ないと感じました。朝のばたつく時間にはありがたいステップです。

 

一番上にあるクリームシャドウがベースになっていて、アイホール全体広めに塗ります。そのあとに左側のブラウンを重ねて、最後に右がパール(湿式シャドウ)を目のキワに重ねて完了。 忙しいときでもすぐ終わるので、重宝しています。

クリームシャドウがまず優秀

ピンクのクリームシャドウがガラスパールになっていて、ギラギラしないのに繊細に目元を輝かせてくれます。これはプチプラには出せない余裕のあるパール感だと確信しました。本当に上品かつ繊細。かなしいことに、このクリームシャドウは減りが早そうな気配があるので、これ単品で売って欲しい気も...

ブルベ夏が苦手なブラウンも、抜け感があって使いやすい

ブルベ夏というと、しっかりめのブラウンは目元が強調されすぎて使いにくいタイプかなと思っています。個人的にもパーソナルカラー抜きにしてもブラウンをうまく使いこなせた試しがあまりなく、若干ドキドキしていたのですが、アンプリチュードのピンクベージュは優しいブラウンで薄いけど発色が綺麗。ナチュラルにホリの深い目元を作り出してくれるので、すごくいいなと感じました。

最後の湿式シャドウでさらに引き締まる

シンプルに仕上げたい日は、湿式シャドウをあえて塗らないのですが、より強調したい日は目のキワに塗り広げます。これは割と発色が強めなので、最初から全体に塗るというよりも調整しながら塗っていくほうが合っていました。

付属のブラシも柔らかくて優秀。

普段は別のブラシで塗ることが多いのですが、アンプリチュードのアイシャドウブラシは毛が柔らかくて塗りやすいので、ときどきこれで塗ります。高い、ってパッケージや付属品、絶妙な色のニュアンス、すべてを含めてなのだろうなーと納得しました。

オンオフ、TPO問わずに使える優秀なアイシャドウ。

鮮やかだけど、強すぎず、どんなシーンにも溶け込む目元を作り出してくれるので、上品なアイシャドウとしてひとつ持っておけるといいなーと思いました。正直、なくなってもリピ買いするなと確信。アイシャドウはプチプラでも、と思っている人間がここまで傾倒するぐらいハマったので、アンプリチュードは引き続き使っていきたいなと思っています。

 

個人的には最初の投資は高いけど、これを塗るだけでやる気がみなぎるし、スキンケアなどに比べたら、コスパは悪くないのかなと思いました。そもそもコスメにコスパ、って考え方がおかしいのかもしれないけれど。お値段はそれなりにするので、気になった方はタッチアップされて納得してからのご購入をおすすめします!